在学生

在学生

履修について
1. 卒業に必要な単位
  2020年度入学者の場合、卒業に必要な全単位は124単位で、その内訳は下記の表のとおりです。 詳細については、必ず自分が入学した年度の『履修の手引』を参照して下さい。
  なお、一定の要件を満たす法学部の学生は、9月卒業をすることができます。 9月卒業を希望する学生は、『授業概要』を確認し、期限までに法学部教務係に申請をしてください。


<法律学コース(法曹養成プログラム所属学生を除く)及び政治学コース>
                   卒 業 要 件
 全

 学

 共

 通

 科

 目
 基
 礎
 科
 目
 群
基礎ゼミナール 2単位 124単位以上
情報リテラシー実践 2単位以上(*)
実践英語 8単位
未修言語科目 (注1)
理系共通基礎科目
保健体育科目
キャリア教育科目 14単位以上(注2)
 教
 養
 科
 目
 群
都市・社会・環境
文化・芸術・歴史
生命・人間・健康
科学・技術・産業
総合ゼミナール
 基
 盤
 科
 目
 群
人文科学領域
社会科学領域
自然科学領域
健康科学領域
 専門教育

  科目群
コース指定科目のうちA科目 24単位 72単位以上
コース指定科目のうちAB科目 4単位(注3)
コース指定科目のうちB科目 32単位以上
他学部・他学科・コースの専門教育科目
*必修科目:情報リテラシー実践T
※未修言語科目:第二群と第三群を合わせて16単位まで算入可
※保健体育科目:8単位まで算入可
※単位互換科目は、卒業単位には含まない。
(注1)未修言語科目(ドイツ語、フランス語、中国語、朝鮮語のいずれか)の履修を強く推奨する。
(注2)教養科目群・基盤科目群の履修に際しては、以下に掲げる法学部推奨科目を含めて
            履修することが望ましい。
            ○法学部推奨科目:法学入門 日本国憲法 民事法入門 刑事法入門
                                      現代政治入門 政治理論入門
(注3)4単位を超えて履修したAB科目の単位については、B科目の単位として卒業単位に算入する。


<法律学コースの法曹養成プログラム所属学生>
                   卒 業 要 件
 全

 学

 共

 通

 科

 目
 基
 礎
 科
 目
 群
基礎ゼミナール 2単位 124単位以上
情報リテラシー実践 2単位以上(*)
実践英語 8単位
未修言語科目 (注1)
理系共通基礎科目
保健体育科目
キャリア教育科目 14単位以上(注2)
 教
 養
 科
 目
 群
都市・社会・環境
文化・芸術・歴史
生命・人間・健康
科学・技術・産業
総合ゼミナール
 基
 盤
 科
 目
 群
人文科学領域
社会科学領域
自然科学領域
健康科学領域
 専門教育
  科目群
コース指定科目のうちA科目 50単位 72単位以上
コース指定科目のうちB科目 10単位以上
他学部・他学科・コースの専門教育科目
*必修科目:情報リテラシー実践T
※未修言語科目:第二群と第三群を合わせて16単位まで算入可
※保健体育科目:8単位まで算入可
※単位互換科目は、卒業単位には含まない。
※法曹養成プログラムの修了には、卒業単位数の要件に加えて、『履修の手引』記載の成績要件を満たさなければならない(修了要件を満たさない場合も、法律学コースの卒業要件を満たしている限り、法学部(法律学コース)の卒業が認められる)。
(注1)未修言語科目(ドイツ語、フランス語、中国語、朝鮮語のいずれか)の履修を強く推奨する。
(注2)教養科目群、基盤科目群の履修に際しては、以下に掲げる法学部推奨科目を含めて
            履修することが望ましい
           (上段4科目は2年次からの法曹養成プログラムへの所属の可否を判定する際の資料となる)。
            ○法学部推奨科目:法学入門 日本国憲法 民事法入門 刑事法入門
                                      現代政治入門 政治理論入門


2. 年次進行判定
  法学部では、2年次の終わりに、2年次修了判定を行います。
  2年次修了の判定を受けた学生は3年次に進級し、2年次修了の判定を受けることができなかった学生は、引き続き2年次となります。
  2年次修了判定の要件については、『履修の手引』を参照してください。
成績評価基準および成績評価分布基準について
1. 成績評価基準
  成績の評価は、授業科目担当教員が、各自の定める方法による試験、出席状況、その他の成績評価項目によって行い、成績通知書に5点法によって表示されます。2点以上は合格で、単位が与えられます。
成績表示 成績証明書の表示 程度 100点法(目安)
5 非常に優れている 90点以上
4 優れている 80〜89点
3 普通 70〜79点
2 やや劣る 60〜69点
1 表示せず 劣る 59点以下
0 表示せず 評価の対象にならない  
2. 成績評価分布基準
  法学部では、専門教育科目について「成績評価分布基準」(法学部授業概要に掲載されています)を定めています。これは専門教育科目(演習・卒業論文等相対評価になじまない科目を除く)の成績評価について、一部絶対評価を加味した相対評価を採用することとしたものです。
  具体的には、成績評価の分布(5(秀)・4(優)・3(良)・2(可)の割合)に一定の原則的基準が設けられています(1及び0については絶対評価とします)。
  この結果、学生はどの教員の担当科目を履修しても、努力に見合った評価が得られると同時に、履修者集団内部での自らの位置づけも理解しやすくなり、学部全体としても、客観的かつ公正な成績評価が実現されています。
授業評価アンケートについて
  法学部では、FD(Faculty Development)活動の一環として、専門教育科目について年度末に授業評価アンケートを実施しています。
  これは授業科目について、学生のみなさんから忌憚のない意見を伺い、次年度以降の授業内容の改善に役立てることを目的としています。
  「近年の判例の動向をもっと詳しく紹介してほしい」「学説の対立点をより明晰に整理してほしい」など、授業科目に対する建設的批判に対しては真摯に対応しますので、ぜひ積極的に回答して下さい。
村松賞について
  法学部では、卒業成績が特に優秀な学生を表彰するため、独自に成績優秀者賞(通称:村松賞)を設けています。本賞は、2006年11月に逝去された故・村松勲教授(行政法)のご遺族からご寄贈頂いたお志をもとに創設されました。
  対象者は、法学部に所属する学生のうち、入学から卒業までの4年間を通じ、最優秀の成績を修めた者(首席)1名、およびそれに次ぐ成績を修めた者(次席)1名の計2名です。
  毎年の卒業式の際に授賞式が行われ、受賞者には賞状と記念品が授与されます。
法学会
  法学会は、法学部の教員を中心とする、法学・政治学の研究および知識の普及を目的とした組織です。『法学会雑誌』の編集、「法学会記念講演会」の開催等を主たる活動としています。
法学会について